PRODUCT LINEUP

SCHLAF

  • SCHLAF
  • DOWN PLUS
ダウンプラス デナリ 1100
Down Plus Denali 1100
40,000(税抜)
  • -30℃
  • 1850g
  • 720
    • 厳冬期の国内山岳、ヒマラヤや極地遠征にも高い保湿性能をお求めの方に最適なモデル


  • 台形ボックス構造ダウンのかさ高性を維持しつつ、内側と外側のステッチ位置をずらすことにより、熱損失を削減。現在最も保温性に優れた構造です。


  • フードチューブ秋から冬のモデルでは頭部からの放熱への対処が、特に重要です。フィット感に優れたフードチューブが放熱のロスを抑えます。


  • ドラフトチューブ低温時のモデルにおいては、保温性の向上と冷気の侵入を防ぐために、中わたの詰まったドラフトチューブをジッパー内側に配置しています。


  • ショルダーウォーマー暖まった空気は上昇します。首元と肩の部分を包み込む「マフラー」の働きで、冬期や寒冷時に寝袋内部の暖まった空気の流出を効果的に防ぎます。


  • ゆったり足元寒さに敏感な足元部分には、多めのダウンを封入し、ゆとりをもたせた逆台形形状で、足元を先端方向に傾斜させて、適度なゆとりの快適睡眠に配慮しています。


  • 3Dシルエット上部に余裕を持たせた3D構造のシルエットを採用したモデルです。中に入れるダウン量をエリアごとで最適化することによって、軽量性と保湿効率を高めています。


  • <撥水>撥水性能が結露や外部からの滞れを防ぎます。


厳冬期のあらゆる国内山岳に対応する保温性を持ち、冬期のカメラマンや自然観察者、キャンプや車中泊にも適しています。
高品質の720フィルパワーのダウンを1100g、シェルには肌触りが良く、丈夫でしなやかなポリエステルマイクロファイバー素材を使用して、保温効果の高いボックス構造で仕上げています。
気温の低い時期には、マフラーの働きの「ショルダーウォーマー」と、ファスナーの内側に配置した「ドラフトチューブ」が放熱のロスと冷気の侵入を防ぎます。
登山はもちろん、冬期のキャンプや車中泊用にもおすすめします。

参考例:厳冬期のあらゆる日本の山岳に対応、保温性を重視される冬のカメラマンや自然観察者、キャンプ、防災用にご準備される方も多いようです。
生地

表/ポリエステル100%

 

裏/ポリエステル100%

平均重量 1850g
羽毛量 1100g(90/10 720フィルパワ-)
最大長 84(肩幅)×208(全長)cm
収納サイズ φ24×38cm
カラー ブリック 
コード 1594

シュラフカバー

対応表

シュラフカバー対応表はこちら

コンプレッション

バッグ対応表

コンプレッションバッグ対応表はこちら
オンラインショップ お近くに取扱店が無い場合には、こちらからもご購入いただけます。

 

APPEAL POINT

関連商品

関連商品

  • コットン ストリージバッグ L
    ¥1,500
  • ウルトラライト コンプレッションバッグ LL
    ¥3,300
  • ライナー SZ スーパーライト
    ¥3,500
  • ゴアテックスシュラフカバー ウルトラライト ワイド
    ¥21,500
  • テントシュ-ズ ロング L
    ¥8,300
コットン ストリージバッグ L
¥1,500
ウルトラライト コンプレッションバッグ LL
¥3,300
ライナー SZ スーパーライト
¥3,500
ゴアテックスシュラフカバー ウルトラライト ワイド
¥21,500
テントシュ-ズ ロング L
¥8,300
→
←