PRODUCT LINEUP

SCHLAF

  • SCHLAF
  • ISUKA AIR
エア 630EX ショ-ト
Air 630EX short
48,000(税抜)
  • -15℃
  • 1030g
  • 800
ゴールデンウィークの北アルプスや厳冬期の中級山岳でのご使用、冬山縦走登山の軽量化にも最適な「エア630EX」のショートモデルです。
高品質な800フィルパワーのホワイトグースダウンをレギュラーサイズと同量の630g使用して、寒さに敏感な女性のご利用にも配慮しました。
狭すぎず広すぎない独自の「3D構造」をベースに、最も熱効率に優れた「台形ボックス構造」を組み合わせ、限られたダウンを有効に活用するために、胸側のボックスの高さを背中側より高めに設定して、寒さに敏感な足元部分と胸側にはダウンを多めに充填、保温効率を考えた設計が、快適なフィット感と無駄の無い保温性をお届けします。
気温の低い時期には、軽量化を考えた独特の形状の「ショルダーウォーマー」と
ファスナーの内側に配置した「ドラフトチューブ」が放熱のロスと冷気の侵入を効果的に防ぎます。
アウターシェルには、超撥水性能を持ち、引き裂き強度、耐摩耗性、耐熱性にも優れた、耐久性のある「ナイロン66」を使用、長期間にわたってご愛用いただくための設定です。
軽量で耐久性に優れ、収納しやすい2段階構造のシリコン素材の収納袋が付属します。
ショートモデルの適応身長は172cmまでの設定ですが、特に165cmまでの方々には、軽量性にも優れ、保温のロスとなる無駄なスペースを抑えることで、保温性にも優れたショートモデルを強くおすすめします。

参考例:3月の中級山岳、ゴールデンウィークの北アルプス、春秋の北海道、
北アルプスの冬山縦走でも軽量化のために選択されている方も多いようです。
生地

表/ナイロン100%

 

裏/ナイロン100% 

平均重量 1030g
羽毛量 630g(90/10 800フィルパワ-)
最大長 80(肩幅)×203(全長)cm 
収納サイズ φ20×34cm 
カラー ゴ-ルド 
コード 1512

シュラフカバー

対応表

シュラフカバー対応表はこちら

コンプレッション

バッグ対応表

コンプレッションバッグ対応表はこちら
オンラインショップ お近くに取扱店が無い場合には、こちらからもご購入いただけます。
DETAIL
「ディファレンシャルカット」と「3D」構造がダウンの最適化を生かします

身体はお饅頭のように丸みを帯びています。「エアモデル」の基本となるシルエットは「かまぼこ」の断面のように上部にゆとりを持たせた「3D」構造です。「エアモデル」では、寝袋の内側と外側の生地を異なったサイズで裁断・縫製する「ディファレンシャルカット」を採用。更に、充填するダウンの量をエリアごとで最適化することで、限られたダウンを最大限に活用し、保温性と軽量性を両立させています。
身体に沿った、狭すぎず広すぎない独自の「3D」構造は、保温性低下の原因となる無駄なスペースを抑えつつ、内部の適度な余裕睡眠中の動きをさまたげません。

マフラーの働き「ショルダーウォーマー」・冷気をガード「ドラフトチューブ」

暖まった空気は上昇します。「ショルダーウォーマー」は、首元と肩部を包み込むマフラーの働きで、冬期や寒冷時には寝袋内部の暖まった空気の流出を効果的に抑えます。
低温環境での保温性の向上のためには、暖気の流出と冷気の侵入を防ぐことが不可欠です。たっぷりダウンの詰まった「ドラフトチューブ」をジッパーの内側に配置しています。

ジッパーの噛み込み防止

寝袋のジッパーの故障は場合によっては大きな問題です。当社の寝袋の全てのモデルが、スムースな動きと耐久性に優れたYKK製が標準仕様です。
「エア630EX」のジッパー部には、太めのスレッド(糸)を内蔵した超軽量なジャムストッパーを内側と外側の両サイドにセットしており、生地の噛み込みは殆んどありません。

最高の縫製品質

厳しい縫製基準をクリアする、熟練した確かな縫製技術で生産される寝袋は、長寿命をお約束します

ゆったり快適な足元

寒さに敏感な足元部分には、多めのダウンを充填し保温性を向上させています。シルエットは、ゆとりを持たせた逆台形形状で、さらに足元部分を先端方向に傾斜させ適度なゆとりを持った快適睡眠に配慮しています。

APPEAL POINT

関連商品
  • コットン ストリージバッグ L
    ¥1,500
  • ウルトラライトコンプレッションバッグL
    ¥2,800
  • ライナー SZ スーパーライト
    ¥3,500
  • ゴアテックスシュラフカバー ウルトラライト ワイド
    ¥21,500
  • テントシュ-ズ ロング L
    ¥8,300